いざ関ケ原!!~岡山(丸山)烽火場へ その2~

こんにちは(^^♪
くまくまです。

竹中重門とともに陣を構えた黒田長政
IMG_1670 - コピー
こちらは陣跡にある石碑です

竹中重門
竹中半兵衛の嫡男ならば

黒田長政
黒田官兵衛の嫡男

黒田官兵衛竹中半兵衛

同時に豊臣秀吉に仕えたのは
短い期間でしかなかったにもかかわらず

ふたりは後世には

両兵衛(りょうべえ)もしくは二兵衛(にへえ)とも呼ばれる
豊臣秀吉軍師

慶長9(1604)年まで生き抜いた
黒田官兵衛

調略や他大名との交渉などで
豊臣秀吉天下取りを支えたのでした

そうした
黒田官兵衛の嫡男である
黒田長政

豊臣秀吉亡き後
石田三成との対立から

なんと

先に結婚していた
蜂須賀正勝の娘と離別

徳川家康の養女を
新たに正室に迎え

徳川家康に接近

慶長5(1600)年
徳川家康会津征伐に向かうと

豊臣恩顧武将でありながら
徳川家康に従い出陣

父譲りの調略豊臣恩顧武将の多くを
東軍に寝返りさせる役目も務めて

ここ関ケ原東軍として竹中重門とともに陣を構えたのでした(^_-)-☆

ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ






スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment