天下統一への視界は良好(・・?~美濃金山城…それは東美濃の拠点 その2~

こんにちは(^^♪
くまくまです。

美濃金山城
可児市兼山にある

標高276mの古城山
築城されていた山城のこと

天文6(1537)年に
斎藤大納言正義
烏峰城を築いたのが始まり

しかし

天文17(1548)年
この斎藤大納言正義

可児市久々利にあった
久々利城に招待されたにもかかわらず

なんと
暗殺されてしまい…


それから
月日は流れ
永禄8(1565)年

交通の要衝にありながら
城主が不在になっていた烏峰城

森可成(もりよしなり)
美濃金山城へと名前を変え

それ以降森氏の居城として美濃金山の町は栄えたのでした(^_-)-☆
IMG_1694 - コピー
写真は山城ミュージアムで撮影したものです

次回は古城山の麓「蘭丸ふる里の森」を訪れます☆彡
よろしくお願いします

ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment