いざ関ケ原!!~知ってた!?池田輝政 その5~

こんにちは(^^♪
くまくまです。

池田輝政
関ケ原の戦いが終わると

岐阜城攻略の功績から
姫路藩52万石に移封され

慶長6(1601)年から
慶長14(1609)年にかけて

西国将軍に相応しく(・・?
姫路城を大規模に改修したけれど

慶長18(1613)年姫路
50歳で死去してしまい…

そうして
姫路藩を継いだ嫡男利隆
元和2(1616)年死去

利隆の嫡男光政
跡を継いだのだけど

元和3(1617)年
光政が幼少ということもあり

西国の外様大名監視の役目もある(・・?
要衝姫路を任せられないという理由で
鳥取藩32万石に転封…

しかし
寛永9(1632)年には山陽道の要所である岡山31万5000石へ移封となり
明治まで池田輝政の嫡孫の家系は岡山藩として存続したのでした(^_-)-☆


ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment