知ってた(・・? 犬山城と戦国武将たち その3

こんにちは(^^♪
くまくまです。

天文6(1537)年

時代(とき)は
戦国の真っ只中

領土を巡る争いが
頻繁に起こるようになり…

すると

織田信長の叔父
木ノ下城主・織田信康

戦国乱世を勝ち抜くため(・・?

遠くまで見渡せない
平地に築かれた木ノ下城より

小高い丘の上にあった
戦闘時のに目を付け

眺望がきくこの場所を
敵の攻撃を防ぐ前線基地として

城郭へと変貌させ
犬山城が誕生したのだった

犬山成田山から犬山城天守を眺めると
IMG_2471 - コピー
こんな感じ

ところで(・・?

美濃国との国境に位置する犬山城
この後天下を狙う織田信長とも深くかかわっていくことになるのでした(^_-)-☆

ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment