平清盛の面影を探して…西八条第へ その2

こんにちは(^^♪
くまくまです。

もしかして(・・?
IMG_2897 - コピー
と近づいて行ってみると

目指していた
IMG_2888 - コピー
西八条第跡の説明板に辿り着いたくまくま この場所は野外ステージの奥です

とここで…

時代(とき)は平安末期
平家の全盛期

平家にとっては
我が世の春

「平家にあらずんば人にあらず」と
平清盛の義弟・平時忠が言ったとか…

そんなご時世
この説明板の奥には

平清盛をはじめ
平家一門が邸宅を構え

なんと
六町(約 60000m2)という広さの中に

50もの平家の館
並んでいたと伝わっていて…

しかし
そんなご時世は長くは続かず

平清盛も世を去ると
源氏が勢いを盛り返し

平家は遂に
「平家の都落ち」することに

すると

平家は自ら西八条第に火を放ち
往時を偲ぶものは灰燼と化してしまったのだった


ということで

今では西八条第跡
梅小路公園の隅っこ(・・?に説明板があるのみ

人に知られることもなくひっそり佇む説明板に
諸行無常を感じずにはいられないくまくまなのでした

ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment