知ってた?上杉謙信と毘沙門天の出会い~林泉寺(新潟県)~

こんにちは(^-^)/ くまくまです。

謙信毘沙門天

その出会いとは…

それは謙信がまだ
幼名虎千代
呼ばれていた頃のこと…

天文5年(1536年)
虎千代7才
父である為景が隠居し
家督を兄である晴景が継いだ時

虎千代
林泉寺
預けられ…

ところで
林泉寺とは

新潟県上越市にある
曹洞宗禅宗のひとつ)のお寺で

開基は
謙信の祖父である
長尾能景

もともと
謙信とゆかりのあるお寺

謙信
この林泉寺
運命の出会いを…

それは
住職天室光育との出会い

なぜなら

謙信
天室光育に師事し

厳しい教えのもと
仏道修行に励んだ経験が

戦国武将の中でも
教養が高いといわれる
謙信の礎に…

そして
もうひとつの運命の出会い

それこそが
毘沙門天

この林泉寺
毘沙門天と出会ったことで
その後の人生において
自らを毘沙門天
生まれ変わりと信じ
篤く信仰した謙信の礎も築かれ…

この夏は林泉寺を訪れ
多感な青年期を過ごした謙信に想いを馳せてみませんか

林泉寺詳しくはこちら
林泉寺ホームページ
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment