やっぱり!!会津といえば白虎隊の悲劇~会津若松城~

こんにちは(^-^)/ くまくまです。

会津若松城といえば

幕末の
会津戦争
白虎隊の悲劇

会津戦争とは…

慶応4年(1868年)
新政府軍と
奥羽越列藩同盟の中心
会津藩との戦いのこと

この戦いは
3か月にわたり
落城までの1ヵ月間は

なんと
籠城に耐え

元号が明治へ改まっていた
1968年9月22日に
降伏

その落城
1か月前に起きた悲劇が…

白虎隊の自刃

それは…

8月23日
戸ノ口原の戦いに出撃し
生き残った隊士20名が
飯盛山まで後退し

そこで
城下に上る黒煙を見て
城が燃えていると思い
自刃した…

という悲劇

奇跡的に助かった隊士1名がいたため
この悲劇も伝えられ

ほんとうに悲しい史実

そしてこの会津で9月21日から23日までの3日間開催されるのが会津まつり
今年の秋は会津若松城を訪れ
ちょっぴり悲しい会津戦争に想いを馳せてみませんか

詳しくはこちら
会津まつり
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment