華麗なる一族出身!明智光秀は謎だらけ!?

♪こんにちは(^-^)/ くまくまです。

時は今 天が下知る 五月哉

「今こそ土岐氏である自分が天下を取るときだ」
とも解釈されるこの歌

この歌は…

明智光秀
織田信長
本能寺で討つことを
決意したともいわれ
とっても有名

でも
どうして
光秀信長
討ったのかは
謎のまま

そして
明智光秀の家系を
辿っていくと…

遠くは
清和源氏に繋がる
華麗なる
土岐氏一族

じゃあ
明智氏の始まりは…

土岐美濃守光衡から
五代目土岐頼清のころ

それは
康永元年(1342年)
土岐頼清
次男土岐頼兼

美濃国可児郡明智庄長山
(現在の可児市瀬田長山)に
明智城を築き
明智頼兼と名乗ったことに
始まり…

しかし
弘治2年(1556年)
その明智城
斎藤義龍道三の息子)の
攻撃を受け落城

明智一族
滅んでしまい…

そのことで
詳しいことが
わからないようになり…

明智城
恵那市明智町と
ここ可児市瀬田長山に
あることから

実は
光秀出生の地も
恵那市明智町なのか
可児市なのか謎のまま

謎の多い武将明智光秀
でも美濃源氏・土岐氏に繋がるのは確かなよう
今年は明智光秀ゆかりの地を訪れて想いを馳せてみませんか






スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment